彼女欲しい

彼女が欲しいなら、これがベストな方法!一番の近道

カップル

男性であれば、誰でも彼女が欲しいと思うものです。彼女がいれば、人生が有意義で楽しいものになりますし、恋人がいない寂しさからも解放されます。特にクリスマスやバレンタインデーなどのイベントではデートをする彼女がいないと辛いですよね。そのため積極的に恋活をするべきだと思います。

 

ところで、世の中の男女の人口の比率は、ほぼ同じくらいです。つまり半分は女性ということになるのです。そのため理屈から言えば、あなたに彼女がいなければ、彼氏がいない女性が一人存在することになります。(二股などの例外を除く)

 

彼氏がいない人は、そのほとんどが彼氏を欲しいと思っています。女性だって男性との出会いを求めていますし、恋愛への憧れがあるのです。そのため、彼氏を探している女性達との出会いを増やすことが、彼女を作る近道と言えるでしょう。

 

社交的な性格になれれば、そんな出会いも自然に多くなるのですが、急に自分の性格を変えるのは難しいことです。

 

では、彼氏を欲しがっている女性と出会うにはどうしたら良いでしょう?それは「出会い系サイト」を利用することです。出会い系と聞くと良いイメージを持っていない方もいらっしゃるかもしれませんが、これを利用すれば、最も早く理想的な女性をゲットするチャンスが訪れるのです。

 

なぜなら彼氏を探している大勢の女性が登録しているからです。つまり、恋人がいない男の人が「彼女欲しい」と思っているのと同様に、女の人も「素敵な彼氏が欲しい」という目的を持って利用しています。

 

そのため遠慮なくアタックですますね。その中から、あなたの理想に合ったお相手を探せば良いのです。これが最善の方法です。

 

また、出会い系サイトは即効性が高いというメリットがありますので、今すぐ彼女が欲しいという男性に向いています。それに加えて、他の恋活の方法に比べると簡単で便利です。すぐに恋愛のチャンスが訪れることでしょう。

 

今やネットを利用したサービスは、恋人同士が知り合ったきっかけとして、ベスト3に入るでしょう。もはや当たり前の時代になりました。彼女欲しいという多くの男性が利用して幸せな人生を送っています。

 

尚、恋活をしている人は、常に彼女が欲しいというモチベーションを保つようにしましょう。それも成功するためには大切なことです。


続々カップル誕生!今や多くの男性が出会い系サイトで彼女をゲット

出会い系サイトが世間一般の方から悪いイメージを持たれているのは、悪質なサイトが存在するからです。サクラばかりで全く出会えなかったり、いきなり高額な料金を請求されるなど、注意しなければならないケースがあります。ですから、悪質なものを選ばずに、優良サイトを選んで利用すれば、たくさんの恋人候補の女性と出会うことができます。

 

私もこれまでの経験から、どれが「優良」でどれが「悪質」であるかを熟知しています。そして、私が優良であると判断したサイトは口コミ情報をチェックしても多くの方から高い評価を受けていました。そこで、これから「彼女欲しい」という方のために、自信を持ってオススメの出会い系サイトをご紹介させて頂きます。

 

私は長年彼女が欲しいと思っていましたが、なかなかできませんでした。そんな時にダメ元だと思って使ってみたところ、素敵な彼女をゲットすることができました。不細工でお金もなくて女性にモテない私にもお相手が見つかったのです。カッコ悪くて収入が少なくても、充分に綺麗な女性と交際するチャンスがあります。何故それが可能であるかと言うと、登録している女性がそれぞれ交際相手に求める条件が異なるからです。それに加えて、男性を探している女性会員の数が多いことも理由の1つです。

 

サイトを利用している会員の間では、毎日多くのカップルが続々と誕生し、そのまま結婚しているケースも多いのです。皆さんも、ぜひ素敵な人を見つけて幸せを掴んで下さい。

 

<当サイトでご紹介している優良な出会い系サイトの特徴>

 

1.会員数が数百万人もいるので、たくさんの女性と出会うチャンスがある!年齢層も広い

 

2.テレビや雑誌などで紹介され知名度が高い、また、10年以上運営されて実績もあるので安心

 

3.「サクラ無し」なので安心して利用できる!

 

4.会員登録は男性・女性ともに無料

 

5.利用する際は事前にポイントを購入するシステムなので安心、料金も安い

 

6.男性の方は新規会員登録で無料ポイントがもらえるので、最初は無料で試せる!

 

7.女性の方は利用料が無料!そのため女性会員も多い、

 

8.パソコンやスマホを使い、自宅でも外出先でも24時間彼女を探せるので簡単で便利(忙しい方でもOK)

 

9.検索機能が充実しているため、エリア、年齢、趣味などで条件を絞ってお相手を探すことができる

 

10.コンテンツが豊富なので、彼女を探す目的以外でも楽しむことができる

 

11.楽しい写メコンは大人気で参加者多数!

優良で安心して使えるオススメの出会い系サイト!(2016年8月の最新ランキング)

それでは、オススメの出会い系サイトをご紹介します。どのサイトも人気が高く、たくさんの人が利用しています。そのため彼氏を探している多くの女性と出会うチャンスがあります。彼女が欲しいと思っているあなたも、ぜひ素敵な人を見つけてください。

 

尚、これらのサイトは私が利用した経験に加えて、一般の利用者による人気ランキング投票の結果も反映させて毎月順位を決定しています。そのため常に最新の情報をお伝えしていますので、時々順位が入れ替わることがあるかもしれません。しかし、この3つは業界の中でも特に素晴らしいと言われていますので安心して推薦できます。

彼女欲しい人にお勧めサイトのランキング1位

彼女欲しいならPCMAX
出会いはPCMAX

PCMAX(当サイト特典:最大100P付与)

1.会員数が増え続け、現在、700万人以上の方が利用

 

2.創業から10年以上の実績を持つ

 

3.お電話とメールで365日24時間体制でサポートを行っているので安心

 

4.個人情報を適切に管理している企業として認定組織JAPHICの審査を通過しているので安心

 

4.公式オフ会、会員同士のオフ会が盛んなので出会いのチャンスが多い

 

5.業界初のテレビ放映、JJなど多数の女性有名雑誌で紹介される

 

※機能が充実していることに加えて、業界の中でも特に料金が安い!人気NO,1のサイトで、「彼女欲しい!」という方に最適です。

 

PCMAXの詳細はこちら!
PCMAX

彼女欲しいランキングサイト2位

彼女欲しい人にお勧めのワイワイシー
ワイワイシーは優良な恋愛サイト

ワイワイシー(YYC)

1.累計会員数1000万人を誇る優良サイト

 

2.創業15周年を迎えた「出会いサービスの老舗」

 

3.ミクシィグループが運営しているので安心

 

4.お試しポイントが最大で300ポイントもらえる

 

5.ヘルプセンターでは365日24時間対応!あんしん補償サービス有

 

※機能やコンテンツの充実度では業界ナンバーワンと言って良いでしょう。様々なサービスを使ってお相手を探すことができます。

 

ワイワイシーの詳細はこちら!
ワイワイシー

彼女欲しい人が使うランキングサイト3位

彼女欲しい人ならJメール
Jメールで恋活

Jメール

1.450万人の会員が利用する大型コミュニティーサイト

 

2.出会いをプロデュースして30年の実績を持つミントCグループが運営

 

3.元シブガキ隊で現在は俳優として活躍している「布川敏和さん」がイメージキャラクター

 

4.Jメール4つの安心・安全で万全のサポート

 

※30年の実績があるミントCグループが運営していますので安心!長年の経験が活かされたサイトです!彼女欲しい人の味方

 

Jメールの詳細はこちら!
Jメール

 

 

※上記の3つは18歳未満の方のご利用を固くお断りさせて頂いておりますので、ご了承ください。

「彼女欲しい」と思うのは、どんな時?

特定の恋人がいない男性が彼女欲しいと思うのは、どんな時でしょう?

 

もちろん、常に心の中で思っている人がいるかもしれませんが、普段よりも強く感じる瞬間があるのです。また、周囲に対して「彼女なんかいらない」と宣言している人であっても、時と場合によっては「彼女欲しい」という気持ちを抱くことがあります。それは特別な日であったり、心に隙間ができるような経験をした時に感じることが多いのです。

 

いつもは「彼女がいると交際するのが面倒でお金もかかるので、1人のほうが気楽でいい」と思っていても、恋人と素敵な時間を過ごしたくなることがありますし、彼女がいる人を羨ましいという感情を持つことがあります。

 

しかし、彼女が欲しいからと言って、すぐに出来るものではありません。縁がなければ巡り合うことができないのです。偶然が重なり合ってようやく運命の人と出会えます。つまり、都合が良い時だけ彼女を作ることは難しいということです。

 

そのため彼女欲しいと感じる瞬間があるのであれば、特定の恋人を作る努力をしたほうが良いでしょう。中には、「今まで彼女が欲しいと思ったことがない」という人もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの男性は1回くらいは彼女の存在を熱望したことがあると思います。また、彼女がいる人は「いない人」に対して優越感に浸ることができますし、友達や知人に自慢したり、両親を安心させることができます。

 

どちらかと言うと、恋人がいたほうが様々な点でメリットがあると考えられます。そこで多くの人が恋活をしているのです。やり方は人それぞれ違いますが、現代は昔と比べてコミュニケーションを取る手段が増えましたので、恋活の方法も様々です。

 

さて、男性が彼女欲しいと強く思う時についてアンケートを実施したところ、以下のようになりました。

 

第1位:クリスマスイブ、誕生日、年末年始、バレンタインデー、ホワイトデーなどのカップルで過ごしたいイベントの日
第2位:精神的に辛いことや悲しい出来事を経験した時
第3位:テーマパークやレストランなどでカップルで利用するとお得なキャンペーンが開催されている時期

 

やはり、恋人たちが楽しく過ごすイベントの日に彼女が欲しくなるのですね。このような日に1人で孤独に過ごしていると取り残されたような気分になるのかもしれません。

彼女が欲しくなる年齢

彼女欲しいと思うようになるのは何歳くらいからでしょうか?

 

小さい頃に幼馴染の女の子と遊ぶことがあると思いますが、これはあくまでも友達としての関係です。また、遊ぶ相手は近所に住んでいる人に限定されますし、親同士も仲が良いケースが多いので、恋人同士として付き合うことはめったにありません。そもそもこの時期は恋人という存在を意識する人は少ないのです。

 

また、小学校くらいの年頃は、女の子と付き合うと冷やかされたり、学校中の噂になることがありますので、彼女が欲しいと思わない人が多のいです。一緒に行動する時も男同士が多く、男らしいスポーツなどを盛んに行うようになります。

 

ただし、好きな人ができると、その人を彼女にしたいと思うことはありますが、片思いで終わるケースがほとんどです。

 

彼女が欲しくなる年齢は人によって異なりますが、13〜18歳くらいが一般的のようです。ちょうど中学生や高校生の頃です。思春期が10〜18歳くらいですので、思春期が始まってから女の子へ興味を抱くようになり、徐々に彼女欲しいと思うようになるのです。

 

そして大学生になると、彼女を作って友人に自慢したくなります。そのため恋活をする人が急増し、彼女がいないと恥ずかしいとさえ感じる人もいるのです。

一方で、現代は彼氏や彼女欲しいと思わない若者が増えている!

内閣府は平成27年版の少子化社会対策白書の中で、全国の20代から30代末までの未婚で恋人がいない男女を対象に結婚・家族形成に関する意識調査を行った結果を公表しました。その調査では、「恋人が欲しいですか?」という質問に対して「欲しくない」と回答した人が全体の37.6%もいたそうです。

 

性別で比較すると男性が36.2%、女性が39.1%で、やや女性が上回っています。中でも20代の女性が41.1%という高い数字を示しています。

 

理由として最も多いのが「出会いの場がない」で55.5%、その次が「自分には魅力がないと思う」という回答で34.2%、3番目は「恋愛感情を抱くことができるか不安」という答えで20.5%でした。

 

その他には経済的な理由を挙げる人もいました。つまり、恋人と交際する時のデート代や将来の結婚資金などに不安を持っている人が多いということです。なぜなら、今は景気が良くないため、収入が少ない若者が増えているからです。また、女性が社会進出して仕事をバリバリやるようになったことも要因として挙げられるでしょう。

 

一昔前の日本であれば、30歳を過ぎても独身の場合は、両親や親戚の方が心配して「お見合い」の話などを持ってきたそうですが、最近は40歳や50歳を過ぎて独身であっても珍しくなくなりました。また、最近の男性は恋愛に消極的になっている傾向が見られます。以前は男であれば誰でも「彼女欲しい」と言っていたものですが、ここ数年は「居なくてもいい」という声も多く聞かれるようになりました。

 

このように若者が「彼氏や彼女欲しくない」と思うようになると、ずっと独身で過ごす人が増えて、ますます少子化が進むでしょう。少子化が進むと様々な問題が発生します。特に深刻なのは労働人口が減少して経済成長率が大幅にダウンすることです。

 

そうなると税収も少なくなりますので、国の財政が厳しくなり、インフラ整備などが充分に行き届かなくなるのです。また、私たちが受給する年金、あるいは社会保障負担にも大きな影響を与えることになります。それに加えて働く世代の方への税金や社会保険料などの負担が増大してしまうのです。

 

これらの事実から、少子化は日本の将来にとって大きなマイナスとなることがおわかり頂けるでしょう。そのため国家が全力をあげて解決しなければならない課題と言えるのです。

 

そんな中で、私たちにできることは素敵な恋人を見つけたり、友人や知人で恋活中の人がいれば、なるべく男女の出会いの機会を作ってあげることだと思います。なぜなら結婚をする場合は、まず恋愛関係が成立することが前提になるからです。もちろん、デートの段取りや告白をサポートしてあげることができれば尚良いでしょう。

 

そして最も重要なことは、彼氏・彼女が欲しいと思わない人に対して、恋人の存在の素晴らしさを教えてあげることです。そうすれば多くの青年たちも「彼女欲しい」と思うようになるかもしれません。

 

恋人を作ることは決して国家のためだけではなく、人間が幸せになるためにも欠かせないことですので、それを充分に認識するようにしましょう。

 

また、インターネットを利用した出会いのサービスは、気軽に男女の出会いの場を提供してくれますので、社会に大きく貢献しているのです。

恋愛の相手を彼氏や彼女と呼ぶのはどうして?

私たちは一般的に恋愛の相手を彼氏や彼女と呼んでます。通常は「男性の恋人を彼氏」「女性の恋人を彼女」と表現するのが当たり前であり、とても便利な言い方になっています。

 

しかし、この呼び方に疑問を感じたことがある人も多いのではないでしょうか!

 

なぜなら、この2つの言葉は恋人以外の人物を指すこともあり、広い意味で使われていますので、あえて恋愛の相手を表す言葉としては、ふさわしくないと思われるからです。

 

そこで別の言い方について考えてみると「ボーイフレンド」「ガールフレンド」などが思い当たりますが、これも友達と恋人の区別が曖昧になってしまうという問題点があります。はっきり恋愛の相手であることがわかる日本語としては恋人が最も良い表現だと思います。それ以外にも交際相手やダーリンという言い方もありますが、このような言葉を使う人は少ないのが現実です。

 

ところで、なぜ彼氏や彼女が恋人を指すようになったのでしょうか?それは言葉の歴史を辿ることによって解明できます。

 

まず、日本では彼という言葉は万葉集の時代から使われていました。つまり奈良時代には存在していたということです。その当時は「あの人」という人物を特定するケースと、「あれ」という指示代名詞としての役割もありました。

 

そして、この彼という言葉は江戸時代までは性別を問わずに人を指す意味だったのです。平安時代に紫式部によって書かれた源氏物語では、女性を彼という言葉で表現しています。

 

そして明治時代になると日本人が英語を勉強するようになり、その際に女性を指す3人称代名詞で彼女という新語が誕生しました。つまり彼女という言葉は明治時代に使われるようになったのです。

 

やがて昭和になると、女性の彼女に対して、男性の彼氏という言葉が生まれます。彼氏という言葉ができた理由は、彼と彼女ではバランスがよくないので、昭和初期に活動弁士として活躍していた徳川夢声が「彼」に尊称である「氏」を付けて彼氏という語句を造ったのです。

 

これによって、彼女に対して彼氏という言葉ができました。その後、小説などで男性の恋人という意味で彼氏という用語が使われたリ、愛する女性を表すモダン語として彼女という用語が紹介されました。

 

これが大きなきっかけとなり、恋愛のパートナーに対して呼ぶことが多くなったのです。

 

そして昭和の後半になるとお見合い結婚が減って、徐々に恋愛結婚をするカップルが増えてきました。自由に恋愛をする時代になり、若者たちの間では恋人を彼氏や彼女と呼ぶのが定着するようになりました。

 

今では、彼氏や彼女が発展して様々な新語が生まれています。「彼女いない歴」「元カレや元カノ」「今カレや前カノ」などは若者たちが生み出しました。これからもどんどん新しい言葉が生まれてくるかもしれません。

 

そして今日では、男性が「彼女が欲しい」、あるいは「彼女欲しい」と発言すれば、女性の恋人が欲しいという意味で使われていることは、誰もが理解できるのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム 心掛けること オススメ出会い系 出会い系サイトの情報 知り合うきっかけ 彼女ができない理由 アプローチする方法 デートスポット